ポメラニアン 『かいと』 の日記

~ わんぱくポメラニアン 『かいと 』の成長記 ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あの日。を偲ぶ・・・(長文)  

本題の前に、前回のかいと の目について
沢山の方から コメントをいただきまして、ありがとうございました!

皆さまからの コメントで、落ち込んでいても何も始まらないっと
かなり 元気がでました!
何もできることがないからと 諦めるのではなく、少しでもかいと のために
できることがないか、これから 探していこうと思います。
本当に ありがとうございました。

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚

それでは 本題・・・

今日、2月27日は 先代 らん の 命日です。
今年で 6年が経ちました・・・早いものです。



お線香をあげて、お花なんかも供えて。
いつもより ちょっとだけ豪華な らん コーナー。

DSC03987.jpg

ひな祭りが近いので、桃のお花 買ってきました🌺 いい香りがします♪
まだ、この2つしか咲いてないけど、もう少ししたら 沢山咲いてくれるでしょう。



毎日、らん を 思わない日はないけど
今日は 写真とともに、らん のことを ざっと振り返ってみたいと思います。
(昔の写真を スキャンしたので、かなり画質が粗めです

img006.jpg

97年7月13日、とーちゃんの一目ぼれで 我が家の一員に。
これは、その日に撮った 写真。ちっちゃ~い
わたしも らん も、かなり緊張してます(;^ω^)

img005.jpg

ポメに こんな時期があることを知らず・・・
何かの病気かと思って、慌ててショップへ 問い合わせました(笑)
あ~・・・サル期ですね~。と言われ、キョトン(∵)?としたのを思い出します。


img007.jpg

わたし・・・若っ(゚д゚)!
じゃなくてwww。今のかいと と 同じぐらいの時。
ヤンチャそうな お顔がソックリです( *´艸`)


img002.jpg

まだ、ドッグランとかカフェとか なかった時代。(あったのかもだけど、知らなかった
遊びに行くと言えば、この公園でした。
アホのひとつ覚えは この頃から変わってないな…(;'∀')

img004.jpg

一番 キレイだったのが これぐらいの時。
体重も この時ぐらいがピークで、2.4キロもありました。


img003.jpg

あまり オモチャで遊ばなかった らん ですが
唯一、このねずみさんだけは よく遊びました。
最後まで つぶすことなく、大事に大事にしてたなぁ・・・


5さいから びゅ~んと 飛びまして
(この間の メモリーが なぜか見つからなかった

DSC00026.jpg

この頃から、少し 体が不自由になり始めました。
お世話が大変になり出したので、短くしてもらったんです。
ちっちゃかったのが さらに ちっちゃくなって、可愛かったなぁ…♡
トリマーになりたての時の ukaカット。ちょっと雑なんじゃね?(笑)


DVC00004.jpg

もぅ、完全に 寝たきりの状態です。
この頃、仕事をしていたので 朝から 夕方まで ひとりでお留守番でした。
ほとんど動けないし、当時はオムツなんて存在も知らなくて…
おトイレも、わたしが帰ってくるまでガマンしてくれてました。

わたしが 帰ってまずすることは 息をしているかどうかを確かめること。
鼻先に手をかざしたり、心臓に耳を当てたり。
それから 「 らんちゃん ただいま 」って 声を掛けると、目を開けて しっぽをフリフリしてくれる。
その度に あぁ 今日も生きててくれた…って、安心する日々でした。
一番 怖かったのは、お留守番の間に ひとりで逝ってしまうことでしたから。
毎日毎日、お願い、待ってて!って祈りながら 帰ってました。

そして、この数日後、わたしの願いが届いてくれたのか
夫婦そろって 看取ることができました。
最期は 呼吸困難になってしまって、少し辛かったと思います。
抱っこして、体をさするぐらいしか してあげられなかった…
でも、わたしが もう頑張らんでも いいよ?って言うと
一振り しっぽを振ってから、静かに眠るようにして旅立っていきました。
さよならって意味だったのかなぁ・・・最期まで 親孝行な いぃ仔でした。

亡くなるかなり前から、死というものを常に意識していて
出来る限りのことは 精いっぱいやってあげたつもりです。
その 変な達成感からか、不思議と涙が出なかったんです。
淡々と、家族や友人に 電話もしましたし。
一番 泣いたのは…荼毘にふせる時。たぶん、あの時がいちばん壊れた(笑)


・・・それからは 結構引きずったかなぁ。
もう、わんこ はいらない~って 言ってても、
ケモノが恋しい!!とか言って、コートのファーにスリスリしたりと
奇行に走ったりも してました(笑)
でも、そんな悲しみから 救ってくれたのも また わんこ。

DSC04004.jpg

かいと さん。


DSC04008.jpg

あまりの待遇の違いに、らん には 怒られそうですが(;^ω^)
らん あっての かいと なんだよ~。
そんな らん に 感謝しつつ、今日という日を偲びたいと思います。

長々と、最後まで お付き合いくださり ありがとうございました
前回 言っていた、もうひとつの通院理由は、また次回にしますね。



ご訪問ありがとうございました♡
お帰りの際にポチっとしていただければ 嬉しいです☆・゚:*(人´ω`*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

Posted on 2014/02/27 Thu. 16:44 [edit]

category: ran

thread: ポメラニアン♪ - janre: ペット

tb: 0   cm: 9

コメント

No title

たくさんたくさん思い出して、
たくさんたくさん記事にしてください。
それが何よりの供養。

私にも、何度か経験があるので。。。
忘れられるものではないので^^;
私も、歴代のねこ様には恨み言を言われるくらい
待遇は違いますよ^^;
だって、最近の毛物さま業界はかなり進んでいますもの^^;
でもそれを、黙って見て、見守ってくれていると思います^^
だって、きっと後悔のないお世話はないと。。。
今でもそう思っているので。。。^^
今できる精一杯のお世話を。。。です^^

URL | すもっち #-
2014/02/27 18:14 | edit

No title

らんちゃんの命日だったんですね。
とーちゃんの一目惚れでsachiさんのお家にやって来たのですね。
うちもそうなんですっ。主人の一目惚れでした。
出会いってホントにタイミングとフィーリングですよね。
しかしらんちゃんは最後まで本当に親孝行だったのですね~。
一緒に過ごした思い出は大切な宝物ですね~。
きっと今はお空からかいとくんやsachiさん家族の事を見守ってくれてますよ(^^)

URL | ポン太の母さん #-
2014/02/27 19:51 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/27 20:19 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/27 23:06 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/28 01:15 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/28 02:33 | edit

No title

らんちゃん、小さくてかわいかったんですね~
お目目もまん丸~♪

今ほどわんこのために設備と言うか代わりに介護してくれるところ
少なかったし・・・・
最期のシッポのひとふりが「今までありがとう」だったんですね~

わんちゃんって、ほんとに最期はきちんと看取ってもらえるように
がんばってくれるんですよね・・・・

かいとくん、らんちゃんの分まで医療も少しずつ進歩してますから
なが~くsachiさんとパパさんと過ごしてあげてね♪

URL | ぽめトレ(まぁ) #-
2014/02/28 07:47 | edit

思い出すたびに・・・

こんにちは。。というよりはじめまして・・らんちゃんの事
分かってる訳ではないのですが呼んでみて飼い主さんのお気持ち
理解できます。
我が家も先住犬をなくして今年の夏で8年になります。
何日泣き明かしたことか・・そんなときにリキを預かり二年後に
同じ親からManaを預かりました。
何頭飼っても100パーセントの世話も出来ず出来るだけ一緒にいる時間が
短いだけスキンシップなどで埋めてますが・・
きっとらんちゃんは幸せだったこととおもいます。
素敵なご家族に出会えて短いけん犬生だとしてもらんちゃんはパパ&ママありがとう
って虹の橋から見てくれてることでしょう~
そしてかいと君の病気も心配ですよね!
どうか気落ちされず前進して下さいね~
あつかましく初コメで長くかいてしまいましたごめんなさいm(__)m
応援して失礼いたします。
又きても良いですか!?

URL | よっこたん #ZMnQA7pQ
2014/02/28 14:23 | edit

涙出ました。
私も6年程前、拾って可愛がっていた猫が危ないとゆうことで、京都から高知へ急いで帰った、次の日亡くなったのを思い出しました。
弱っていく姿をみるのって、本当につらいですよね。いなくなるのはもっとつらいです。
改めてノアとティアラを大事にしようと思いました。かいともです♡

URL | こまつ #-
2014/03/04 16:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sachiloveskai.blog.fc2.com/tb.php/165-22c2134e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かいとは・・・

Kai's Album

最新記事

ランキング参加中

カレンダー

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

おともだちブログ

にほんブログ村

メールはコチラから↓

ご訪問ありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。